賃貸経営に役立つ資格

不動産は居住用としてではなく、投資用としても古くから人気のあるものです。
資産運用のひとつとして、賃貸経営は割と手軽に行うことができるので注目されています。
ワンルームマンションのような比較的価格の安い物件はサラリーマンでも負担なく所有できるために、立地の良いところともなればすぐに完売してしまいます。
その賃貸経営によって、ローンを組んでの所有であれば毎月の返済を家賃でまかなつてもなお手元に残る場合もあります。
そして流動性が高いことから、転売を考えている場合にもすぐに買い手がつくような状況となっています。
賃貸需要の高いところならば、安心して購入することができるわけです。
そして保有の間はリスクも決めて低いものとなります。

これまで不動産投資と言えば、短期での売却によるキャピタルゲイン狙いが多かったものです。
土地の価格が上昇を続けていた頃、賃貸経営を行っていてもそれほど長く保有ケースは見られなかったものです。
ローンの金利が高いという背景もありますが、サラリーマンの場合は特に税金対策を前面に出した保有の仕方が多かったわけです。
これは、確定申告によって支払った税金の還付を受けることができるものですが、所得の多い人ほどそのメリットを享受できたものです。
今ではそれほど重要視されるものではありませんが、物件価格の低下に伴って家賃の利回りが上昇していることから、その家賃収入だけで支払いのほとんどをまかなうことができるわけです。